コンテンツにスキップ

Nginxリバースプロキシ

Nginx

「Nginx」(「Xエンジン」と発音)は、リバースプロキシ、ロードバランサー、メールプロキシ、HTTPキャッシュとしても使用できるWebサーバーです。このソフトウェアはIgor Sysoevによって作成され、2004年に最初に公開されました[9]。 2011年に、同じ名前の会社が、有料ソフトウェアに加えてサポートとNginxを提供するために設立されました。 -ウィキペディア

リクエストをJellyfinに転送する/etc/nginx/conf.d/jellyfin.confファイルを作成します。

 NginxリバースプロキシNginxリバースプロキシ
警告する

これはほんの一例です!ルーターの向こう側を公開する前に、ネットワークとポート転送についてお読みください。

サーバー{listen 80; server_name DOMAIN_NAME; #コメントをリダイレクトしてHTTPをHTTPSにリダイレクトする# return 301 https:// $host$request_uri;} # SSL#server証明書を取得した後、このセクションのコメントを解除する{# listen dvd_name_SYI_Username / 1_3_Username; # username / IE_IN_Usernameフルチェーン。 pem; # ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/DOMA_NAME/privkey.pem;# include /etc/letsencrypt/options-ssl-nginx.conf;# ssl_dhparam / etc / letsencrypt / ssl pem; # add_header Strict-Transport-Security "max-age = 31536000" always; # ssl_trusted_certificate / etc / letsencrypt / live / DOMAIN_NAME / chain。 pem; # ssl_stapling on; # ssl_stapling_verify on; ## # Security / XSS Mitigation Headers# add_header X-Frame-Options "SAMEORIGIN"; # add_header X-XSS-Protection "_ad = mode = 1; mode = adオプション "nosniff"; ## #コンテンツセキュリティポリシー# #参照:https://developer.mozilla。 org / en-US / docs / Web / HTTP / CSP# # httpsコンテンツを適用し、JS / CSSをオリジンに制限する# #外部JavaScript(Chromecastのcast_sender.jsなど)をホワイトリストに登録する必要があります。#add_header Content-Security -Policy "default-src https:data:blob:; style-src $0027self$0027 $0027unsafe-inline$0027; script-src $0027self$0027 $0027unsafe-inline$0027 https:// www。Gs // staticワーカー-SRC $0027self$0027 BLOB;接続-SRC $0027self$0027;オブジェクト-SRC $0027none$0027;フレーム祖先$0027self$0027「; ##位置/ {# #プロキシメインJellyfin traffic# PROXY_PASSのhttp:// server_IP_addressは:8096 /; #のproxy_set_headerホスト$host; # proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr; # proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; # proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme; # proxy_set_header X-Forwarded-Protocol 1TP2 # proxy_set_header X-Forwarded-Host $http_host; ## # nginxプロキシがリソースに負荷がかかりすぎてストリーミングできない場合は無効にする# proxy_buffering off; #} #ロケーション/ソケット{# #プロキシJellyfinso Websets /ソケット; # proxy_http_version 1. 1; # proxy_set_header Upgrade $http_upgrade; # proxy_set_header Connection "upgrade"; # proxy_set_header Host $host; # proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr; # proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; # proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme; # proxy_set_header X-Forwarded-Protocol $scheme; #p-1TP -TTP

Nginxとサブパス

クライアントアプリケーションからサーバーに接続する場合は、アドレスフィールドにhttp(s):// domain_name / jellyfinと入力します。

JellyfinサーバーのベースURLフィールドを設定します。これは、Webクライアントで[管理ダッシュボード]-> [ネットワーク]-> [ベースURL]に移動して実行できます。このボックスに/ jellyfinを入力して、[保存]をクリックします。この変更を有効にするには、サーバーを再起動する必要があります。

http(s)でホストされている# Jellyfin:// domain_name / jellyfinserver {listen 80;聞く[::]:80; server_name DOMAIN_NAME; # #server_name jellyfin.localが必要な場合は、複数のドメイン名を指定できます。 #コメントを外してディレクトリを作成し、静的コンテンツもホストします#root / srv / http / media; index index.html;場所/ {try_files $uri $uri / = 404; } # Jellyfin / jellyfin location {return 302 $scheme:// $host / jellyfin /; }場所/ jellyfin / {# Jellyfin #メイントラフィックプロキシ/末尾の/は重要です。 # https://www.acunetix。 com /ブログ/記事/ a-fresh-look-to-reverse-proxy関連の攻撃/ proxy_pass http:// SERVER_IP_ADDRESS:8096 / jellyfin /; proxy_pass_request_headers on; proxy_set_header Host $host; proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr; proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme; proxy_set_header X-Forwarded-Host $http_host; proxy_set_header Upgrade $http_upgrade; proxy_set_header接続$http_connection; #ストリーミングproxy_bufferingがオフになった直後にnginxプロキシが重くなりすぎた場合は、バッファリングを無効にします。 }}

ja日本語
es_ESEspañol zh_CN简体中文 hi_INहिन्दी arالعربية pt_BRPortuguês do Brasil bn_BDবাংলা ru_RUРусский de_DEDeutsch fr_FRFrançais it_ITItaliano ja日本語