コンテンツにスキップ

ソースから構築する

バイナリパッケージを使用する代わりに、ソースJellyfinをビルドできます。

Jellyfinはさまざまなプラットフォームのさまざまな構築方法をサポートしており、サポートされているすべてのプラットフォームの手順を以下に示します。

ソースから構築するソースから構築する

すべてのパッケージ構成は、次の2つのステップから始まります。

  1. リポジトリのクローンを作成します:git clone https://github.com/jellyfin/jellyfin.gitcd jellyfin
  2. サブモジュールを初期化します。git submodule update –init

Docker

  1. Dockerイメージをビルドします:docker build -t $USERNAME / jellyfin。
  2. コンテナーを実行します:docker run -d -p 8096:8096 $USERNAME / jellyfin

LinuxまたはMacOS

  1. 付属のビルドスクリプトを使用して、ビルドを実行します。./ build –help./build –list-platforms./build そこ
  2. 結果のファイルは../bin/にあります

これはおそらく将来、別のリポジトリに分割されるでしょう。

  1. Microsoft Webサイトからdotnet core SDK 2.2をインストールし、Git for Windowsをインストールします。 Powershell 3以上である必要があります。
  2. Powershellは無制限の実行ポリシーを設定しました:set-executionpolicy unrestricted
  3. Jellyfinビルドスクリプトを実行します。deploymentwindowsbuild-jellyfin.ps1 -verbose -WindowsVersionおよび-Architectureフラグは、現在の環境に合わせてビルドを最適化できます。デフォルトは汎用のWindows x64です-InstallLocationフラグを使用すると、コンパイル済みバイナリの場所を選択できます。デフォルトは$Env:AppDataJellyfin-ServerNです。 -InstallFFMPEGフラグは、アーキテクチャに適切なffmpeg安定バイナリ(現時点ではx86 / x64のみ)をZeranoeから自動的に削除し、Jellyfinディレクトリに配置します。 -InstallNSSMフラグは、NSSM Webサイトからアーキテクチャ(現在のところx86 / x64のみ)に適切なnssm安定したバイナリを自動的にフェッチし、Jellyfinディレクトリに配置します。
  4. (オプション)NSSMを使用して、Jellyfinをサービスとして機能するように構成します。
  5. Jellyfinがデフォルトのディレクトリ(または選択したディレクトリ)で使用できるようになりました。デフォルトのディレクトリを保持していると仮定します。Powershellウィンドウから起動するには、次を実行します。&»$env:APPDATA Jellyfinjellyfin.exe server«CMDから起動するには、次を実行します:%APPDATA% Jellyfinjellyfin.exe server

これはおそらく将来、別のリポジトリに分割されるでしょう。

ja日本語
es_ESEspañol zh_CN简体中文 hi_INहिन्दी arالعربية pt_BRPortuguês do Brasil bn_BDবাংলা ru_RUРусский de_DEDeutsch fr_FRFrançais it_ITItaliano ja日本語